車の下取りのメリットとデメリット

コルベット

車を処分するには、知人や親族に譲る、下取りに出す、中古車買い取り業者に売る等の方法がありますね。この中で車の下取りは、新しく車を買う店に今まで乗っていたクルマを引き取ってもらうことです。下取りは車を売る手続きと車を買う手続きを同時にできるので、手間が少ないというメリットがあります。また、代車を使う必要もありません。それから不人気車、低年式車、過走行車などは、中古車買い取り業者に売るよりも査定額が高くなることがあります。

 

ただし、人気車だと買い取りに比べると査定額は低くなる傾向があります。これは下取りのデメリットになりますね。また、ディーラーによっては査定料や下取り手数料などがかかる場合があるので最初に確認してください。

 

また、車を下取りに出すと、下取り額で補填してもらえるわけですが、下取りの査定額がはっきり示されない場合があります、それで、車を下取りに出す場合は、前もって、自分の車の査定額を知っておく必要があります。自分の車の査定額を知るのはネットの一括査定サイトを利用することもできます。自分の車の査定額の相場を知らないとディーラーに行っても交渉ができないので、あらかじめチェックしておいてください。

 


このページの先頭へ戻る