5万キロ走ってるけど大丈夫?

車の買取価格を左右するものの一つに走行距離があります。中古車を購入される方は、走行距離を意識される方が多いのです。当然のことながら走行距離は短ければ短いほどプラス査定になります。走行距離が短いということは、それだけエンジンや足回りの状態が良いということだからです。逆に長距離を走っている車の場合は、エンジンや足回りなど各機関に故障が発生する可能性が高くなるので、マイナス査定となってしまいます。

 

では、どのくらいの走行距離でどの程度買取価格に影響を与えるものでしょうか。確固たる基準があるわけではありませんが、5万キロ程度の走行距離ではそれほど大きなマイナス査定にはなりませんが、10万キロ以上にいなると印象が悪くなります。しかし、実際には走行距離が10万キロ以上の中古車でも販売されています。それは現在の車のエンジンの耐久性が非常に良くなっており、10万キロ程度で壊れることはないからです。

 

それでもメンテナンスをきちんとしてこなかった車や、急発進、急停車などエンジンに負荷をかけるような運転をしてきた車の場合は、エンジンの状態があまりよくない可能性があります。しかし、査定の際にはエンジンをかけて車を走らせるということはしませんので、あまり気にすることはありません。ちなみに、一年間で一万キロ前後の走行距離なら標準的と言われています。

 

車の内装

 


このページの先頭へ戻る