ショックだ

先日車を乗り換えようと、車を下取りに出すことにしました。

元々それほど大した車でもなかったので、引き取ってもらえるだけで十分だと考えていたのですが思っていたよりもまずまずの価格がついたので得した気分をしたものです。

 

しかし、下取りに出して車を乗り換え少したってからたまたま車のことを調べていると、私が下取りに出した車がかなりの価格で買取りをしてもらえることに気付き失敗したと思ってしまいました。高級車などのたぐいでないのが救いとはいえ、庶民にとっては大きな金額が動く車の売買だけに、ちょっとの差があるだけでも影響が大きいのでやっぱり悔しいと思ってしまうものですよね。
今回のミスは古い車だからと大した値段がつかないと思っていたところ、そこそこの下取り金額になり満足してしまいましたが、そこそこの下取金額が付いたからこそ、買取業者でいくらぐらいで買取りをしてもらうことができるのかを調べるべきでした。今は気にしないようにしようとしているのですが、やはり何万円も変わっていたとなると、憂鬱な気分になってしまうものです。しかたがないので次に車を乗り換える時には、このような失敗を繰り返さないためにも買取りに出そうと思います。


このページの先頭へ戻る